2014年1月6日

カットは嫌だ!鉄拳「こんな紅白は嫌だ」のネタを大胆予想!

NHK紅白歌合戦2013(12月31日放送分)でのハプニング。

鉄拳がパラパラ漫画「こんな紅白は嫌だ」をネタ披露しようとした瞬間、
アナウンサーに「鉄拳さん、ニュースが始まります」とさえぎられ、
悲劇にもネタがカットされる事態となった。

時間が押していたため鉄拳がネタ披露する時間がなくなってしまったのだ。
本当に「こんな紅白は嫌だ」な状況になってしまった。

そんな鉄拳が披露しようとしていた「こんな紅白は嫌だ」は
一体どんなネタだったのだろうか?

リクエストに応えて大胆予想してみた!

ということで「こんな紅白は嫌だ」
早速いってみましょう!

■司会が「なぎら健壱」だ。

■ゲスト審査員席にヘッドホンを付けた「針すなお」が座っている。

■「五木ひろし」が出てくるはずが「コロッケのロボ五木ひろし」が
出てきてウィンウィン鳴りだす。

■「氷川きよし」が出てくるはずが「西川きよし」が出てきて
大ヒット曲「子供が三人おりますねん」を熱唱しだす。

■「北の海女ちゃんの能年玲奈」が出てくるはずが
「北島のサブちゃん」がトリを待ちきれずに出てくる。

■「小泉今日子が潮騒のメモリー」を歌いに出てくるはずが
手違いで「松崎しげるが愛のメモリー」を歌いに出てくる。

■「Linked Horizon」が歌っている最中に
「和田アキ子型巨人」が暴れだしてセットの壁を破壊する。

■「TOKIO」が「AMBITIOUS JAPAN!」を歌っているときに
後ろのスクリーンに「森脇健児」が走っている映像が流れる。

■「森進一」が「襟裳岬」を歌い終わった直後に
「襟裳の春は何もない春ではない」と抗議の電話が殺到する。

■トリも「なぎら健壱」だ。

以上、鉄拳でした。


絵がうごく!こんな○○は××だ! [DVD]
スポンサーリンク